CADによる製図とその導入によるメリットは?

CADとはいったい何か

CADとは「computer-aided design」「computer-aided drawing」の頭文字を取ったもので、コンピュータを使った設計、もしくは製図のことをいい、専用のソフトウェアを使って行います。用途別、コンピュータのOS別、使える機能が違うなど様々なソフトウェアが存在しています。2Dだけでなく3Dを扱えるのものも存在します。

CADによる製図のメリットは?

CADによる設計・製図ははデジタルデータで行うので、それにともなう様々なメリットがあります。CADを使ったことがない人も、ワープロソフトなどで経験している内容もあるので、想像に容易な部分もあるのではないかと思います。

線や円などの単純な図形はコマンド使うことにより短時間で描くことができたり、同じ図形はコピー&ペーストで簡単に繰り返し描くことができます。手書きの製図では一からやらなければならない拡大・縮小も短時間でできます。2つの図から違った角度の図を自動作成してくれる機能を持っているものもあります。作図中の寸法や面積を利用して必要な数値をCAD上で計算することも可能となっています。また、3Dものは製図だけではなく、好きな角度の外観図を作れたり、強度計算や干渉検討などへも対応も可能です。

デジタルデータですのでメモリーカードにアウトプットしたり、ネット経由で送受信も可能で、紙の図と比べ持ち運びの手間は大幅に軽減できます。また、コピーやバックアップも簡単に作成できます。

まずはじめに「CAD」は設計や製図をコンピュータで行う行為またはソフトウェアを指します。電気CADとは「電気回路に特化したCAD」という意味です。