危機に備えて企業が行っておくべきこととは?

BCPの重要性とは?

永続的に営業活動を行うことを前提とする企業において何らかの外部要因によって事業がストップすることは可能な限り避けなければなりません。そのためには、平時から危機を想定した対策プランを策定しておくことが重要です。そのようなプランのことをBCPといい、日本語では業務継続計画などとも呼ばれます。もっとも、実際に策定するとなるとどうしてよいか分からないという方も多いのではないかと思いますので、以下ではそのポイントについて説明します。

BCPの策定方法とは?

まず、BCPを策定するに当たって行わなければならないのは自社の業務の分析です。各部署においていかなる業務を行っているかを整理したうえで、営業活動を継続するために停止することが許されないものを洗い出すことが目的です。そのうえで、次に想定される危機のタイプを挙げて、そのタイプごとにいかなる対策を打てば必須業務が継続できるのかを考えていくこととなります。典型的な危機のタイプとしては大地震が挙げられますが、それによってオフィスやシステムが使用できなくなったり、社員が出社できなくなるという事態が想定されるため、それぞれについてどうすれば影響を最小限に抑えられるかを検討していくというのが実際の作業です。オフィスやシステムについては代替のものを用意しておく、社員については自宅からでも仕事ができる環境を整備すると言ったことが具体的な対策となるため、それらの対策を講じたうえでドキュメントの形でまとめれば大地震時のBCPの完成です。

BCP対策とは、事業継続計画対策のことです。地震や災害などによって情報システムがダウンした場合でも、最低限の業務を継続しながら、できるだけ早く通常体制に復旧させるための対策です。