姓名判断で自分だけではなく子供の名前も良くしよう

姓名判断は、名前に使用する字の画数を用いて、吉凶を占う方式です。電話占いでも、名前を言うもしくは名前に使用される漢字の画数を占い師に伝えるだけで、名前に込められた宿命を占えます。一般的な書籍でも、24画や31画、47画などが大吉数だと分かりますが、名前の陰陽のバランスなど占い師ならではの解釈も加えられるため、占い師に占ってもらうメリットはあります。また、姓名判断では子供に合った名前を付けてくれる占い師を探し、電話占いで名付けを頼める点でも有効です。

生まれた時間により宿命が分かる四柱推命

占いは統計の集まりを解釈することだとよく言われますが、その最たるものが四柱推命です。四柱推命は、生まれた時間の宿命を長きに渡った統計の累積により判別し、空亡などの影響を未然に防ぐ効果があります。四柱推命の四柱とは生まれた年、月、日、時間を指し、それに星の巡りなどを当てはめて判断します。空亡は、天中殺とも呼ばれる期間を指しますが、空亡は多くの人が四柱の要素に持っており、また空亡になる期間を必要以上に恐れないことが重要です。空亡時の過ごし方などは、電話占いなどで占い師に相談すると良いでしょう。

数字で運命を定めるカバラ数秘術

最後に紹介するのが、カバラ数秘術です。その占いの形式はシンプルで、生年月日をすべて足して、一桁の数もしくは11や22の数字になるまで、足し続けていくことで占う数字を割り出します。その数字によって、それぞれの人の特性や相性などが分かるのです。カバラ数秘術も、書籍などである程度は分かりますが、電話占いで占い師に占ってもらうとそれ以上の発見があります。

電話占いが当たるのは、占い師の実力が高いからです。多くの人の運命を占うといっても過言ではありません。