3次元CADは3方向の寸法が反映されます

CADには2次元と3次元の2種類があるのをご存知でしょうか。電子回路設計に使うのは2次元CAD、建築や機械、電子機器の筐体設計に使うのは3次元CADです。2次元は縦と横の2つの寸法のみ、3次元の場合は2次元に対して高さの寸法が加わります。住宅の間取り図は2次元で、床から天井までの高さを知りたい場合には3次元の図面が必要になります。3次元の場合には3方向の情報が図面の中に反映される、いわゆる立体図を作り上げる事が出来るわけです。モノ作りの中ではCADを使った開発が主流になっていますが、CADを使うと自動的に計算してくれる、過去に設計した図面を流用出来る、修正や追加が容易になるなどからも開発に欠かせない存在になっています。

プラモデルの部品は金型を使った成型で作られています

子供の頃に夢中で作ったプラモデルは、ランナーと呼ぶ枠組みの中に必要なパーツがすべて揃っています。このパーツは金属製の金型に樹脂材料を流し込む成型と呼ぶ加工手法で作り出されているものです。金型はモノ作りに欠かせない存在ですが、3次元CADデータを使う事で金型設計を容易にしてくれます。最近は、試作品を作る時に3次元CADデータを3次元プリンターで出力する事も出来るようになっており、3次元データの有効活用が様々な分野で行われています。3次元プリンターを使うと試作品をそのまま出力してくれるため、試作用の金型を設計する必要がない、完成品までの日程を短縮出来る、開発コストを下げられるなどのメリットもあります。

役所提出申請書作成を効率的に行うのに水道CADを導入してみませんか?操作に慣れると短時間で書類作成が出来、効率的に申請書を作成出来、手書きの頻雑さから解放されます。