金属加工の現場で欠かせない酸洗いについて

酸洗いとは一体どんな処理?

酸洗いとは、酸を使って金属を洗浄する処理のことです。できたばかりの金属製品は酸化皮膜で覆われているため、そのまま加工することはできません。しかし、硫酸や塩酸などの酸性溶液を用いれば、それを簡単に取り除くことができます。酸性溶液の酸によって、酸化皮膜が簡単に溶解するためです。また、金属に付着しがちな錆も除去することができます。特にメッキ加工をする前には、酸洗いで入念に表面の酸化皮膜を取り除かなければなりません。そうしないとメッキが密着不良を起こしてしまうため、いくら磨いても美しい光沢が出にくくなります。

酸洗いの工程について

酸洗いは、様々な工程を経て行われます。まず最初に行われるのは、金属の脂質を洗浄する作業です。その後水洗いを経て、酸洗いに入ります。酸洗い後は水洗いが行われ、中和作業を挟んで更に水洗いが行われます。酸洗いの主な目的は、金属加工の作業を簡素化することです。酸洗いによって金属の表面が綺麗になるため、研磨作業を省くことに繋がります。全ての工程が済んだら、すぐに乾燥作業が行われます。そうしないと、金属によっては錆が出やすくなるためです。

エッチングとは一体どんな処理?

酸洗いと同様に金属の表面の変質層を除去する方法として、エッチングというものがあります。銅版画などで利用されている金属加工法なので、一度は耳にしたことがある人も多いのではないでしょうか。これは金属の表面に化学的あるいは電気化学的な力を加えて溶解させる加工法のことです。余計な力が加わらないことから、半導体などの繊細な部品で用いられています。

酸洗いとは、酸を使った金属の表面洗浄処理のことです。金属加工の際に発生した汚れや被膜などを除去するために行われます。