有名人の息子・娘として生まれてしまった場合は

子供は、親を選べない

昔から有名人の子供の中には、親の甘やかしなどが原因で問題を起こすケースが絶えず起こってきました。確かに親が子供をあまやかしている場合は甘やかす親にも甘える子供にも責任はあります。しかし、自力で勝負することを大事にする性格の人達においては、有名人の子供に生まれてしまったことに対して大きな悩みを抱えている人も数多くいます。なぜなら、何をしても「親の七光り」などと言われて世間から認めてもらえず、どう頑張っても自分の承認欲求を満たすことが出来にくいためです。

自分の力を認めてほしい場合はどうしたらいいか

そんな中、自力で世間に自分の能力の高さを完全に認めさせる方法もいくつかあります。その一つはまず例えば音楽関連の仕事で勝負したい場合は、キャリアの一番初めにペンネームなどを使って自分の正体が絶対にバレない形で他人に詩や楽曲を提供したりします。この形であれば、親を通じて子供の名前や顔が知られてしまっているような場合も完全に自力で勝負が出来ます。そして、正体を隠した状態で他人に提供して高い評価を得た後であれば、そのあとに有名人の子供だという事がバレても、バレる前に完全に自力で出した結果は、世間に自分の能力を認めてもらう上で大きく役立ちます。その他、匿名でホームページを作成し、そこで音楽やイラスト、詩などを発表します。そして現代は本当に素晴らしいものであればSNSきっかけですぐに広まるものなので、自分に本当に力があったらSNSをきっかけとして完全自力で世間に能力を認めさせることも可能です。

山本英俊はパチンコ機器卸会社の代表取締役会長です。その他にもデジタル関連企業などの各取締役と会長も務めています。このように彼は有能な事業家です。